9月2週目まとめ

9月8日 jog20km
9月9日 jog16km
9月10日 jog12km
9月11日 400×7
9月12日 jog3km(一駅前からスーツで帰宅ラン)
9月13日 jog12km
9月14日 1000×5

2週目は走行距離が98.7km。仕事が割と軽かったこともあり、1週目よりも走れました。12日は最寄駅の一駅前から走ってしまうくらい仕事に余裕がありました。笑


12日以外は朝ラン。朝ランの場合、二度寝したかったり、走る気分にならなかったりするのですが、どの日もスッキリ起きられ、早い日で5時20分起きでした。


11日はトータル4000mになるようインターバル練習。記録会で5000mを走る上で、今の自分に何が必要か考え、中間走を粘れるように、とこの練習にしました。

今までのインターバル練習よりも少し距離を伸ばしただけですが、設定を守れないくらいキツくて、後半はやり切ることに集中しました。


果たして、これで中間走を粘れるのか心配でなりませんが笑、ラスト1本は思ったよりも上げられたので、そのことだけが収穫でした。

そして、14日の今日もトラック練習。これも5000mを意識しましたが、どうにか設定以内でこなして自信にしたいと思いました。

スタートしてみると、1本目から怪しい感じ。気温は高くなく先週よりも走りやすいはずなのに、身体が動いてくれませんでした。


4、5本目は始めの400mが設定を超えてしまうくらいのペースでしたが、残り600mから練習仲間が一緒に走ってくれて、最後まで走り切ることができました。


今日思ったのは「単独だと走れなくても、前に誰かがいれば、それに合わせて走れる」かもしれないということ。


どの大会でも言えることですが、前に人がいれば、単独にならないで前を追うこと。前に食らいついていくことが、ペースダウンを抑えられる要因になると感じました。

9月1週目まとめ

9月1日 jog20km
9月2日 jog20km
9月3日 jog8km
9月4日 rest
9月5日 3000m
9月6日 jog12km
9月7日 1000×5

9月1週目は走行距離が91.6kmで良いスタートを切りました。辛かったのは、jog20kmよりも仕事の関係で3日と6日にいつもより早起きして走ったこと。

そこまでして走る必要があるのか、少しくらい走らなくても良いのではないかと考えるところでしたが、寝続けたい自分に勝つことで自信にしたいと思いました。


結果、自分には勝てましたが、両日とも残業で帰宅時はぐったりでした。笑


その影響なのか、、5日と7日は苦しい練習に。

5日は今月の記録会で5000mに参加予定なので、3000mをどれくらいの余裕度で走れるのか確認。ほぼ設定通りでしたが、毎周78秒を超えそうで全く余裕なし。


79秒のラップタイムを見た時は、今日はダメかもと思いました。笑


ラストは上げて終わりたかったので、その点は良かったと思います。出勤前に良い刺激になりました。

7日は5000mを分割した練習。ここでしっかり走りたかったのですが、4本目は辛くなってペースが上がらず。5本目でなんとかまとめた感じになりました。


1週目は仕事の疲れが出て、後半は走りに影響しているような状態でした。走っていてスムーズに進んでいる感覚がなかったので、2週目以降は仕事とランのバランスを考えていきたいと感じました。

8月まとめとご近所練

8月は残り3日を残して350km弱でしたので、どこまで伸ばせるかワクワクしながら過ごしたのですが、29日は予定通りrestで走らず。


30日は走る気マンマンでしたが、無意識のうちに目覚ましを止めてしまい、朝起きるとちょっと走れるかどうかの時間帯。とりあえず、走る準備をして外へ。


出てみると、走る気力を飛ばすくらいの雨が降っていたので、大人しくゴミ出しをして帰宅。結局、2日連続でrestになりました。。。


31日は綾瀬陸上競技場でご近所練習会。前日のお酒が残ってしまい、暑さもあったので、あまり無理をしないと決めてメンバーの練習を引っ張っることにしました。


メニューは400m×5を2セット。自分が平日朝に行っている設定よりも抑えめでしたが、まずは1セット目。

そんなに余裕はなく、気を抜くと400m78秒を超えてしまいそうでした。10分程空けて、2セット目。

1セット目と同じ感覚でした。ペースをギリギリコントールできる範囲でしたので、体調を考えると丁度良い設定だったと思いました。


その後、もう少しだけ走っておきたい気持ちになり、1000mを1本。無理をしないと決めていたので、1周目のペースを見て上げるようにしました。


スタートして400mまでは時計を見ずにリラックス。76秒くらいかなと思い、1周目の通過で時計を確認すると70秒。まだまだ上げられる感覚でした。


少しずつ上げて600m通過が1分44秒。ラスト200mでもう少し上げてゴール。そこまで上がっている感覚はありませんでしたが、時計を見ると2分51秒。

こんなに無理をせず、このタイムで走れたのは初めてでした。8月の最終日、ここでも少し成長を感じられました。トータルの走行距離は1年振りに300km超え。

この367kmのうち、おそらく300kmは朝食前に走ったと思うので、スタミナに関しては、自信を持てる8月になったと感じました。

8月4週目まとめ

22時頃、今日の仕事が終わって帰宅中に時間ができたので、4週目のまとめを書いています。眠い。。。


それもそのはずで、今朝は5時半に起きて綾瀬陸上競技場で練習からの9時出勤でしたので、午前中から疲れ、眠気との戦いでした。


今日一日頑張ってくれた、足の先から頭までの体全体にありがとうと言いたいです。


4週目は、気付くと休みなく走れていました。走行距離は104.1km。道理で今朝起きると疲労感があって、気分がイマイチだったのも納得できます。

練習内容としては、こちらです。涼しくなってきたのもあり、欲張って全体的に距離を伸ばしました。


8月22日 400m×5
8月23日 jog12km
8月24日 jog20km
8月25日 BUR8000m+200m×2+400m
8月26日 jog10km
8月27日 jog12km
8月28日 400m×5


22日はトータル3000mになるようにインターバル練習。イメージとしては、5000mを走る時の中間走で力まず、持続できるスピードを設定タイムにしました。

結果はリカバリーを早くしている分、後半辛くなりましたが、76秒の感覚で1本目を設定よりも早く走れたので、スピードには余裕があると確認できました。


25日は海老名市の方々と練習会。前日に20km走ったせいか、体が重く感じました。暑さも多少ありましたが、集団での練習のおかげでやり切ることができました。

直近で予定している大会が10月のえびな健康マラソン6kmなので、苦しくなった時にその大会をイメージして粘れました。


自分の取り組んでいることが着実に走りに表れてきたのが嬉しくて、スピードにも少し自信がついて来たので、今年は密かに、優勝を狙っています。

そして今朝は、22日と同様の練習。明日は走るのを休もうと誓って、スタートしました。前回よりもタイムは望めないと思っていましたが、ほぼ変わらず。


走っている途中も弱気でマイナスなイメージが先行していたので、それが勿体無かったと反省。調子は悪くないので、早く帰宅して寝ようと思います。

その前に、これから晩飯。頂きます。

8月3週目まとめ

3週目はアクアスロンがあったので、大会にコンディションを合わせつつ、できるだけ走行距離を落とさないようにしました。


なんとなくですが、この暑い8月に走り込めたら秋以降の自信になりそうなので。そんな根拠のない理由で今週も走りました。


8月15日 jog16km
8月16日 jog10km
8月17日 1000m+400m+200m
8月18日 小金井アクアスロン大会
8月19日 jog8km
8月20日 jog12km
8月21日 rest


17日は綾瀬陸上競技場で朝練。前日に友人と飲んで朝起きれるか心配でしたが、平日早起きの習慣には逆らえず、暑くなる前に競技場にいました。

練習はアクアスロン前日のため、余裕を持って走りたかったのですが、風の影響か1000mで設定を超えてしまい、繋ぎの200mも設定の45秒を超えました。

それくらい余裕がなかったのですが、アクアスロン当日はしっかり足が動いてくれたので、考え過ぎないで、ほぼ設定通りできたことを良しとする柔軟な気持ちが大事だと改めて感じました。


3週目の走行距離は76.1km。8月21日時点でトータル243.1km。最近は月300kmを超えることがないので、順調に走れています(今月は残業が少ないおかげ)。


やっぱり、まだまだ速くなりたいので、この暑い日々に走ることと向き合うことで、少しでも自分が変わるきっかけになれば嬉しいです。

小金井アクアスロン大会2019

昨日は、昨年に引き続きアクアスロンに出場してきました。種目も昨年と同様にスイム200m+ラン2kmのBタイプでした。

今年から変わった点としては、スイムが25mプールではなく、50mプールで実施されたこと。ターンの度に蹴ることができた昨年までと違い、スイムに自信のない自分には大きな変更点でした。


また、昨年までは約50名が10秒間隔でスタートしていましたが、今年は2組に分かれてそれぞれ一斉スタート。接触で失速したり、止まらないか心配でした。


いざ、スタートすると案の定、体同士が当たる当たる。たまたま前の方からスタートできたのですが、次々と後ろの選手に抜かれていきました。


この後、頼みのランが待っているとは言え、あまりに抜かれていき、その時のスピードが違っていたので、今年は厳しいかもと思いながら、なんとかスイムアップ。


プールから上がり、前に見えたのは1人だけだったので、焦りつつトランジッションでランシューを履き、ウエアを着てランのスタート。ここは上手くいきました。


とにかく前にいる人を全員抜く気持ちで走りました。スイムであれだけへこんでいたのに、走り出すと気持ちが変わるものだなと思いながら走りました。


ランコースは2周半するため、途中から前にいる人が周回遅れなのか、順位を争っているのか分からずゴール。ゴールには別種目の方もいて、すぐに順位は分からず。


30分後。。。


一緒に出場した先輩とダウンをして、張り出された結果速報を見に行きました。


なんと、、、結果は優勝。


実は、過去に一度優勝したことはありましたが、子供が生まれる前の2016年の話し。ちなみにここ4年間で。。


2015年 2位
2016年 優勝
2017年 不出場(子供が生まれてそれどころではなく)
2018年 2位
2019年 優勝


もう大会に出るのはしばらく止めよう、と走らなくなった2017年を思えば、前回の優勝よりも嬉しい気持ちになりました。これも自由に走らせてくれている家族のおかげです。本当に感謝です。


しかもランに関しては、自己最高タイム。小さなことですが、自分の成長を感じることができました。先輩も2位に入賞し、今年も一緒に記念撮影ができました。


今年の大会。嬉しい気持ちよりも上回ったのが、恥ずかしさでした。自分の競技を終えた後に観戦した、Aタイプの部で大会最高齢91歳の方が出場されていました。


Aタイプはスイム400m+ラン3km。自分には想像できない苦しさを感じ、これまでBタイプに出場していました。正確には、できるだけ楽なほうを選んでいました。


91歳の方が、黙々と泳いでゴールに向かっている姿を見て、来年はもし出るとしたらAタイプに挑戦してみようと心の中で思いました。

8月2週目まとめ

2週目のテーマは1000m。どのくらいのペースなら余裕を持てるのか、キツくなるのか試す練習をメインにしました。練習内容としては、こんな感じです。


8月8日 jog7km
8月9日 jog8km
8月10日 1000m×2/jog2km+swim1600m
8月11日 BUR8000m+400m×2
8月12日 jog16km
8月13日 rest
8月14日 200m×5+BUR1000m


8日、9日は出動前に朝練。朝走る習慣がついてきたためか、そこまで苦はなく起きられました。10日は高校の先輩と。疲れはなく、良い状態で練習できました。

1本目は400m73秒、800m2分26秒くらいの通過で割と余裕を持って走れました。2本目は400m71秒、800m2分21秒くらいでMAX近い状態でした。

その後、9時半からswimをして、夕方には家族と横浜へ出掛けて疲労困憊の一日でした。。。


11日は海老名市の方々と練習会。8時頃は雲がかっていて少し暑さが和らいでいる気がしましたが、走ってみると汗だく。前日の疲れがあったので、あまり追い込まないで終えようと考えていました。

スタートすると足が重いなりには動いていて、一緒に走った仲間の走りも刺激になり、最後まで上げ切ることができました。ラスト1周は75秒くらいでした。

少し休んでからの400mは更に足が重くなっていましたが、1本目は想定していた72秒よりも速く、2本目は前を走る仲間を追った結果、結局追い込んでいました。

そして、今日は雨予報でしたが、朝起きてみると晴れていたので、給水だけして綾瀬陸上競技場へ。先月の200m×5と比べて、どれだけ余裕を持てるか確認。。

結果は、あまり余裕がなく、4本目でモロにそれが出ていたなと感じました。200m36秒が楽に走れる感覚ではありませんでした。この時点で汗だく、、、

でしたが、良いイメージで終えたかったので、1000mを快調走として1本。400mを楽に通過して、ペースを上げていこうと考えました。その400mが72秒だったので、足が動いていると感じながらゴールできました。

2週目の走行距離は81.5km。速いペースで走ると翌日は腰が少し痛むので、まだまだ気にして過ごしたいと思います。